そろそろこのベルトの季節

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - そろそろこのベルトの季節
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

こんにちは、トヨダです。。

昨日に引き続き雨が降っております。

お仕事の方は、

延期で仕事が遅れたり、雨の中でも関係なく作業があったり。。

お休みの方は、

せっかくの休日が屋内での行動になったりと制限されることも出てきます。

 

僕は、こんな日は諦めて、雨の一日を有効的に使う気持ちで過ごしています。

今日は、肌寒いので、何か月振りかのホットコーヒーを入れ、その香りが程よく行き届いた店内からブログを更新しております。。

 

この時期にあんまり暖かい飲み物は飲まないんですが、やっぱり飲むと落ち着きますね。。

落ち着くと目の前のことだけじゃなく、先のことも見れるようになる。

ファッションも仕事も一緒だと思うんですが、短期的な物の見方とある程度こうしていきたいという長期的な見方。

 

両方をバランスよく考えていく。

短期は、流れで行けるので、ある程度わかりやすいので、そちらをどうしても重視しがちです。

でも、そこに「これは何に繋がってんの?」って視点がないと本当に毎日が流れて行くだけになってしまいます。

例えば、このベルト。

全体

今旬かつ、プレッピースタイルに欠かせないリボンベルト。

 

業者「このベルト、バロンズ・ハンターというアメリカのブランドのリボンベルト何です。」

「そして、ここの特徴は、ラルフローレンのリボンベルトを生産ラインとして請け負っている

付加価値があるんです。」

 

ボク「そうなんですねー。今旬だし、フローブの品揃えにないアイテムだし、いいですねー。」

業者「しかもこれ見て下さい。」

ハンドメイド

業者「アメリカのバージニア州で今もハンドメイドで生産しています。」

「真鍮のバックルとハンドメイドの手作業でしっかり縫い付けらており引っ張りにも強い

です。」

ボク 「しっかり、こだわりを持って作ってるんですね。じゃこれお願いします。」

ちょっと前まで、物の価値にばらつきがありました。

なので物の価値をしっかり説明できる物が重宝されてきましたし、買う側も安心して買い物が出来ました。

もちろん、その流れは今も続いています。

僕にとって、オールデンは永遠の定番ですし、それは今も変わりません。

でも、オールデンで使う、ホーウィン社のコードバンはレザーの宝石だから希少価値が高いからと言われて、飛びつく時代ではない気がします。

それだけ、商品のクオリティが上がり、見た目も、クオリティのバラつきも無くなってきています。

じゃあ何が重要かってことなんですけど。。

 

個人的には、

アイテム=道具なので、その使い方をしっかり理解していることが重要なファクターじゃないかと思うんです。

 

しかもそれが本当に役に立つかどうか?

 

それを導き出せる物をしっかりセレクトしていくこと、それが「何に繋がってんの?」の答えだと思うんです。

 

ボクが感じてセレクトした理由は、

レザーベルトは、色移りがあるため、汗をかくとかなりの確率で色が移ります。

今年はホワイトパンツが当たり年で、お客様もどんなベルトを付ければよいか困るだろう…。

しかも、秋冬もホワイトパンツの流れは続くし…。

このブランドはしっかり作られたもので、物のクオリティは折り紙付。さらにリボンベルトはナイロンなので、パンツの色移りもない。

きっとホワイトパンツをお買い上げされたお客様に喜んで頂けるだろうな。

カラフルだし、今のトレンドにもバッチリ。

 

大体、こんなことが、頭をよぎり、セレクトしてきます。

(もちろん、失敗もあります。その時はだいたい、見た目の良さだけで判断してしまい、失敗したものは枚挙にいとまがありません)汗

 

ということで、このリボンベルトおススメです(笑)

 

 

こんなことを考えながら、しっかりバイイングして、お客様に喜んで使ってもらいたいなって思う今日この頃です。

 

それでは、また。