圧倒的な存在感を放つ、MOORERの気絶アウター。。

こんばんは、トヨダです。。

三寒四温の今くらいの季節は、気温が一旦急角度に上がったと思えば、また冬の寒さに逆戻り。。

そんな気候を繰り返して、本格的な春へと向かって行く助走期間でもあります。。

 

言わば冬と春を1週間で同時に感じる、今くらいの時期にこそ、洋服選びのセンスが問われる大切な時期だったりします。。

 

その中でもこの時期に一番頭を抱えてしまうのは、一発で見た目の印象が決まるアウター選びなんじゃないかなぁって思います。。

 

どうしても重たさが残ってしまう真冬のアウターから春アウターへとシフトチェンジすることで、一気に新鮮さがプラス。。

インナーを巧みに使い、温度調節することで、季節を繋ぐシームレスな着こなしが完成するんじゃないかなぁって思います。。

 

そんな今から使える春アウターの肝になるであろう重要なファクターの一つは、何と言っても、仕立てが良く重厚感のある見た目があるトコロ。。

 

軽快さを醸し出しつつも、しっかりとリュクス感のある仕上がりのムーレーの春アウターこそ、まさに最適解のアイテムなんじゃないかなぁって思います。。

 

 

 

モンクレール、タトラス、ヘルノなどを代表するプレミアムダウンブランドのひとつ上のクラスに突如として現れ、ダウン界のロールスロイスとして、今やダウンブランドのヒエラルキーのトップに君臨するのがこのムーレーです。。

 

そんな雲上ブランドから、今シーズンフローブに登場したのが、ミリタリーとテーラードの要素を見事に融合させた、こちらのアイテムでゴザイマス。。

Brand MOORER(ムーレー) Price 128,000+tax

数年前に登場して以来、ベストセラーの仲間入りを果たし、毎シーズン人気の定番モデルがこちらの「PRTO」。。

フローブ初登場になるこのモデルは、男の永遠の定番アイテムでもあるM-65とテーラードジャケットを融合させている秀逸なデザインが圧倒的なウリのポイント。。

 

フード内臓のスタンドカラーやエポーレット、フロントポケットなど、M-65ジャケットの機能的なディテールを踏襲しつつも、テーラード仕立てによってシェイプの効いた美しいシルエットを実現することにより、男らしさを損なうことなく上品な印象にまとめ上げております。。

 

そして、所々にチラリと魅せるクラス感もバッチリ。。

ファスナー、ボタン類などパーツはすべて自前のモノを使用。。

さらにファブリックに使用されているナイロン素材は、最先端のハイテク素材が使われており、極細番手のポリエステル糸を高密度に打ち込んだ、耐久性、耐摩耗性、形態安定性、撥水性に優れたムーレーの大定番素材でもあります。。

 

クオリティは最上級。。

化繊とは思えないようなソフトな風合いで、キメが細かく肌触りもバツグン。。

二重染めによる深みのある発色で、透き通るような光沢を帯びているので高級感も申し分アリマセン。。

 

今回のカラーは2色展開。。

 

ニブイ光沢感が特徴のグレイッシュなカラーとこちらのアイボリーとの対照的な2色をセレクト。。

ダークなグレーとは対照的なアイボリーカラーは、着こなしに華やかさをプラスしてくれること間違いアリマセン。。

唯一無二のカラーリングは、まさに春王道の甘色カラー。。

ミリタリーライクな雰囲気を和らげてくれるので、まさに大人の男性にバッチリなアイテムなんじゃないかなぁって思います。。

 

エレガントな雰囲気とはウラハラに、生地に厚みがあり、傷に強いので多少雑に扱ってもビクともしないタフさや

汚れが付きにくく、万が一汚れてもサッと拭けばキレイになるイージーケアなところは、ギャップを感じさせてくれる部分。。

 

まさに最高級のエレガントさに加え、実用性を兼ね備えた、ムーレーの春アウターは、さらりと着こなすだけで、男を上げるのに申し分のない極上アウターです。。

 

それでは、また。。