安くて、オシャレをする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 安くて、オシャレをする方法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

こんにちは、トヨダです。

本日もさわやかな良い天気ですね。

昨日はお休みを頂いて、午前中にちょっと仕事して、午後からはゆったり過ごしました。

 

本屋→カフェでゆったりと本を読み、こんな日もたまには良いかぁと

想いながらのスローりーな一日でした。

 

読んでたファッション雑誌の一つ。

 

あまり、フローブのお客様には馴染みがない雑誌。

「ストリートファッション誌SamuraiELO」 6月号にて

ここに興味深い記事が。

この6月号では「安くてオシャレな服が最強だ!」と安い服を高く着こなすテクニックを特集し、実際に女性が値段を見抜けるのか実験しています。

「安くてオシャレ」特集を組むファッション誌は多いとは思いますが、検証までするのは珍しいのでは??

この雑誌女性目線に徹底的にこだわってるのが特徴なんです。。

 

その実験内容とは。。

①「色の濃淡によって服は高くも安くも見える?」

②「古着MIXとそうでないコーデ、どっちが高くみられる?」

③「ブランドTシャツを使うと他のアイテムも高く見える?」

④ 「キレイめスタイルは他のテイストより高く見える?」

の4つ。

特に①は今のトレンドでもあるので参考になりそうでした。

検証方法は同じ色の服をトーン別で着て女性に値付けしてもらうというもの。

結果は下記の通り。

「ピンクは薄め、ブルーは濃いめの物を着ている人が高く見られた」

同じ色でも、 多いところで実際の金額より10,000円以上も高く見られるという驚きの結果に。

やっぱり、色の濃淡の使い分けは重要ということですね。

特に濃い色のブルーが高く見られる傾向にあるようで、20,000円弱高い値段をつけた人がほとんど。

そして女性はピンクをよく着る(見慣れている)からといって金額まで見抜けるとは限らないようです。

それでもブルーよりは金額の精度は良いみたい。

(ブルーは全く見抜けていないく高く見えてしまっています。)

他の実験も一通りチェックしてみると、

女性は「上品さ」や「大人っぽさ(落ち着き)」で値段をざっくり見分けているように感じました。

ベージュは濃い目が高級に、モノトーンはどの濃度でも高く見える傾向にあるようです。

そんなことを総合するとうちのアメアパVネックT

写真

 

コレ、全部2,000円。。薄いピンクもブルーもあります(笑

ぜひ、賢くオシャレをする時に使って下さい。

 

それでは、また。