小さいボクの野望。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小さいボクの野望。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

こんばんは、トヨダです。

いつもはもう少し早めの更新のはずか、今日はこんな時間に。。。

決してさぼっているん訳じゃないんですけど、遅くなってすいません。。)汗

 

つい先日、お客様と談笑をしていたんですが、その時に着こなしの話題になりました。。

今までチャレンジしてみたいなぁと思うアイテムは色々あるんだけど、それに見合う価格かどうかがわからず、(買ったは良いけど、着なくなってしまうことも多く)結局、自分に取って馴染みがあるアイテムをついつい買ってしまうと。。

そうすることで、新しい洋服は増えていくんだけど、クローゼットの中身はだいたい同じ類のもので埋め尽くされて、良く見ると面白味のないコレクションになってしまうんだよねって話になりました。。

 

思い起こすと、ボクも思い当たる節があり、意外に確信をついているなぁって思いました。。

 

男性は、女性に比べ、流行のサイクルは遅いと言われていますが、特に、オトナの男性のそれは、輪をかけて遅かったりします。。

 

ちょっと流行のアイテムやカラー、柄を取り入れるだけで、いいんですが、それがなかなか踏ん切りがつかないのが、オトコの性てもんでもあります。。

 

これを少しでもバランス良く着こなせるようにお店つくりをすることって凄く大切なことだなぁって

改めて思いました。

ベーシックとして残し続ける部分とトレンドを程よく織り交ぜ、これなら試してみてもいいかもって思ってもらえるような品質の物を見極めセレクトし、納得のプライスで提供する(付加価値)

 

このベーシックとトレンドをバランス良くお客様に提供できたら、みんなが楽しいだろうなぁって思います。。

 

特にトレンド物は品質と価格がミドルくらいで一致するものっていうのが理想的なのではないかと思います。。

 

結局、チャレンジしてみようと思うくらいのプライスじゃないとスタートラインにも立てないので、

その入り口としてミドルバランスは重要なファクターだと思います。

ボクの密かな野望は、

そんな仕掛けをして、少しでもフローブを利用してくれるお客様たちを知らず知らずのうちに、オシャレにしていくことだったりするんです。。

 

すごく、小さいことでは、あるんですが、これが出来るのと出来ないのでは「大きい差」だったりします。。

しかも、これを継続していくことがすごく重要なんです。。

この小さい野望を、継続できるように、もっと勉強して努力していかないかん!と

お客様との談笑から思ったことは概ねこんなことでした。。

 

それでは、また。