東 信 (あずま まこと) という男

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 東 信 (あずま まこと) という男
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

こんばんは、トヨダです。

いかん、この時間が定例になってきました。

お昼…。

がんばります。

 

少し前に同じく経営している友人から色々な話を聞きました。

かなり、刺激を受けたのが、東 信さんのお話し。

みなさまご存じですか??

銀座の花屋の名店「ジャルダン・デ・フルール」のオーナーでフラワーアーティスト。

ご存じない方もいらっしゃると思いますので、少しだけ。

25歳の時に銀座(今は南青山)にジャルダン・デ・フルールという花屋を構え、現在に至るのですが、

コンセプトが凄い!

このお店には一輪の花も置いていないんです。

何もないお店にこの人が、お客さんに、送りたい相手のことを聞き、一人一人、フルオーダーメイドの魂のこもった花束を作り続けてお客様の心を鷲掴みしている。

それが、話題になり、海外からも注目受け、パリのセレクトショップ「コレット」をはじめ

さまざまな、美術館や百貨店のショーウィンドウを手掛けている。(たぶん、ぼくが説明するよりもググってもらえば、引っかかってくるのでぜひ)

 

僕も、お店がオープンの時、違う方から、同じようなコンセプトの花屋さんからお花を頂き、めちゃくちゃ、感動しましたが、10年以上前にこのコンセプトを作った男。

そして、花束で人を感動させる男。

業種は違いますが、凄い刺激を受けました。

 

もちろん、業種が違えば、やり方は変わってきます。

でも、お客様に感動を与える、喜んでもらうってことは、すべて一緒!

僕は、洋服は作れませんし、花束も作れません。

でも、微力ながらファッションに精通し、着こなしやトレンドを先読みし、

他の人から「ステキね」って言ってもらえるコーディネートは提案できます。

それが、どこまで感動に繋がるか計り知れないけど、少しでもここで、洋服を買って良かったって心から言ってもらえるお客様をいっぱい作りたいと思いました。

 

ちなみに僕と同じ年なのですが、比べ物になりませんね。

いつかその友達に会わせてもらおっと思っております。

その時まで、

さっ、頑張ります!

 

それでは、また明日。。