革靴とサンダルの間に。。

こんばんは、トヨダです。。

今日は、小雨が降ったということもあり、気温も落ち着き、暑さも一旦はクルーダウン。。

ここのところ暑さ続きとはいえ、考えてみれば、ようやく今日で5月が終わろうとしているだけで、夏本番はもう少し先だったりします。。

ピークを迎える7月から8月に夏の旬なアイテムを全開で使って行くために、長い目で夏のファッションを考えていくことも賢い着こなしの1つでゴザイマス。。

 

その1つがここ最近ご紹介した、夏に使える薄手のカーデJKだったり、夏のフルレングスに穿けるパンツがこれにアタリます。。

 

Tシャツとショートパンツのワンツーコーデは、真夏のシーズンに取っておき、今はまだまだ楽しめるアーリーサマーのファッションを構築していくのが、大人の男性のファッション。。

そんな需要なファクターの1つが足元だったりします。。

これからの季節、暑さに耐えきれず、ショートパンツ同様、スニーカーを飛び越して一気に、足元にサンダルを履きたくなってしまうそんな今日この頃に、朗報でゴザイマス)笑。。

本日ご紹介するシューズは、まさにこれからの季節にぴったりな素足に穿けるサンダルメーカーが作った大人のスリッポン。。

 

ドレススタイルにもカジュアルスタイルにも難なくこなせるこのシューズは、見た目とハキゴコチを重視したおススメのアイテムでゴザイマス。。

 

それがこちら。。

 

フルラインナップで本日リリースしたこのアイテムは、1975年にアメリカのカリフォルニアに創業した「レインボーサンダル」が作ったシューズ。。

その名の通り、サンダル専業ブランドとして誕生したこのブランドは、創業者のJ.R.Longley氏が、ビーチに捨てられたサンダルを見つけ、”丈夫で長持ちするサンダルがあればビーチが汚れないのでは”と思い立った事がブランドの始まり。。

独自の特許技術で作られるサンダルは、10年20年と長く着用出来、40年も前からカリフォルニアのサーファーに愛されるブランドにのぼりつめました。。

 

そんなサンダルブランドから本日ご紹介するのは、サンダルではなく、スリッポン)笑。。

実はこのシューズは、ここ数年前から本国で生産が中止になっており、多くのバイヤーの復活して欲しいという声が上がり、今回特別に復活した限定生産のアイテムでもあるんです。。

 

今回ご用意できたのは、こちらの2パターン。。

まずは、こちらのモカローファ。。

 

ダークブラウン、ベージュ、ブラックの3色展開。。

アクセントにアッパーに飾り紐をあしらったオトナのシューズ。。

柔らかなヌバックレザーは、初日から素足で履いてもへっちゃらなハキゴコチを実現。。

擦れて痛くなりがちなヒール部分は、踏んでも大丈夫なくらいの柔らかさがそのヒミツ。。

まさにサンダル以上革靴未満というカテゴリーの素足で履けちゃうこれからの季節にもってこいのシューズでゴザイマス。。

 

もちろんレザーシューズとは一線を画す、ハキゴコチの良さも必見。。

クタ感のあるアッパーのレザーはもとより、インソールにもしっかりこだわりがあります。。

しっかりと土踏まず部分はアーチが作られ、長時間の着用も疲れ知らず。。

さらに、履けば履くほど体重がシューズにかかり、自分の足の形になっていくことでクッション性が増し、極上のハキゴコチを実現します。。

その秘密は、外側から見たこの断面にあります。。

独自の素材を3層に重ね、ハキゴコチと耐久性を考えて作られたソール。。

ソールの硬さに変化を加え、重ねられたアウトソールは、まるでふかふかのマットの上を歩いている極上の履きやすさ。。

夏になるとボクがやみつきになってしまうほどヘビロテしてことからも実証済みでゴザイマス)涙。。

 

さらにさっきご紹介した3色展開でスリッポンもリリース。。

スッキリとしたスリッポンは、シンプルで飽きのこないデザイン。。

どんなスタイルにもマッチするスリッポンは、年齢層を問わない、間違いのない1足です。。

プライスは、どちらのタイプも15,800+TAX。。

サイズは、24.5~28㎝までと幅広くラインナップしております。。

 

ヒール部分に取り付けられたブランドタグもイイ感じ。。

いかにも柔らかそうなヒール部分のレザーは、見た目以上のクタ感があり、触るとその良さがさらにわかって頂けるんじゃないかなぁって思います。。

 

 

着こなしは自由自在。。

カジュアルなデニムスタイルにキチンと感を出したり、ショートパンツに合わせるのも申し分ナシ。。

 

もちろんキレイ目なパンツは相性バッチリ。。

ちょっとしたドレスシューズとしても使えるのは、嬉しいポイント。。

 

最後に、この手のアイテムで言うと、ドライビングシューズもありますが、どうしてもソールが雨に弱く、履けないのが難点だったりします。。

 

雨の日にもへっちゃらなゴムソールは、サンダルでも使用されている波型のオリジナルのタイプを使用。。

ゴムソールでありながら、軽さもあり、全天候型のソールは、まさに雨の日でもへっちゃら。。

サンダル屋さんが作ったドレス顔のレザースリッポンは、夏に履くシューズのバリエーションの幅を広げてくれる使えるシューズ。。

来年はまた廃盤になってしまう可能性も相まって、ぜひぜひゲットして頂きたいそんなボクのおすすめの夏シューズです。。

 

 

それでは、また。。